赤星君で メモってます…。


by red-ba-bara
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:未分類( 57 )

心斎橋にて

c0093848_1048491.jpg


訳あって、連日心斎橋に出掛けている。

心斎橋は昔の面影はなく 新しいお店が次々と出店していて驚く。

なんだか寂しい思いをしながら歩く。

”古い奴だとお思いでしょうが…”。

(鶴田浩二の歌だったかな?)(これも古い??)
[PR]
by red-ba-bara | 2006-10-14 10:55

赤星君と家電やさんへ

c0093848_15221830.jpg


カメラグッズは自分持ち…って言うことで

カメラのバックを買いに例のお店に行ってきました。

心斎橋通りから”ビックカメラ”を見たところ。
[PR]
by red-ba-bara | 2006-10-09 15:25

カボチャのお化け

c0093848_2115553.jpg


10月31日はアメリカ中の子供たちが、他所の家々をカボチャの絵のついた

バケツにキャンディを入れてもらいに訪ねて来る日だそうです。

”一晩で食べきれないキャンディを手にする日”と言うことです。

家の外には カボチャのランタンに灯りを灯して置くんだそうです。

日本では馴染みが薄い行事だけれど、デパートでは飾りなどが売られていました。
[PR]
by red-ba-bara | 2006-10-06 21:06

○野家さんの牛丼

c0093848_20163532.jpg


10月1日から5日まで”牛丼”が食べられたそうです。

今日 ご近所の”○野家”さんの傍を通ると赤い旗がはためいていました。

さぞ 待ちかねた人で混雑しているかと思ったけれど、午後5時半…お客さんは 二人だけ。
[PR]
by red-ba-bara | 2006-10-05 20:23

文化園から見た秋空

c0093848_20555158.jpg


コスモスと青空…爽やかな秋の一日でした。
[PR]
by red-ba-bara | 2006-09-24 20:57

幸せを呼ぶ フクロウ

c0093848_21161354.jpg


まだ”花の文化園”が続きます!!

園のなかのお土産店で見つけた フクロウの置物。

みなさんに幸せが訪れますように…と、祈った甲斐がありました。

今日、嬉しい知らせを聞くことが出来ました。!!

フクロウさん、アリガトウ!!
[PR]
by red-ba-bara | 2006-09-23 22:04
c0093848_8552959.jpg


ジャスト12時…。秋空と風車と時計台。(2006.9.21)
[PR]
by red-ba-bara | 2006-09-21 21:22

右…、左…。

c0093848_21125879.jpg


デパート屋上のの遊技場。

板塀一枚で……。

左は 夢の世界。

右は 現実。
[PR]
by red-ba-bara | 2006-09-14 21:17

黄色と黒の縦縞

c0093848_2046179.jpg


黄色と黒の縦縞模様…を見れば ”阪神タイガース”を思い浮かべる。

最近チョコット”昇り調子のタイガース”です。

我が赤星君も”がんばってや~~!”
[PR]
by red-ba-bara | 2006-09-13 20:53

蟻とキリギリス

c0093848_15263850.jpg


暑い太陽の照りつける夏。ある森の小さな草むらで、蟻たちは一生懸命に食糧を探しては巣穴へと運んでいきます。
 「やあやあ君たち。今日もご苦労なことだね」
 突然、上のほうから声がしました。蟻はいったん手を休めると、声のしたほうを見上げました。
 そこにはえんび服を身にまとい、ヴァイオリンを手にしたキリギリスが優雅に蟻を見下ろしていました。
 「いいえ、キリギリスさんこそご気楽な身分ですねえ」
 蟻は、額の汗をぬぐいながらそう言いました。その言葉にはわずかながら皮肉がこもっていました。キリギリスは全く気にしませんでしたが、一応言い返しました。
 「とんでもない。僕の仕事だって君たちに負けないぐらい大変なことなんだよ。僕の演奏がこの森の住人みんなに安らぎを与えていることぐらい、君にも分かるだろう?」
 「それに」
 キリギリスは、演奏の準備を始めながらさらに続けました。「演奏することが僕の楽しみでもあるし、生きがいでもあるんだ。君はその仕事に生きがいを感じているのかい?」
 「生きがいも何も……。この食べ物のある季節にしっかり探して蓄えておかないと、冬に餓死しちゃうからね。それじゃ、僕はこの辺で失礼するよ」
 蟻はキリギリスの止める間もなく、食糧を探しに行ってしまいました。
 「やれやれ」
 キリギリスは軽く首を振ると、手にしていたヴァイオリンを弾き始めました。
 まだ朝露の残る草むらに美しい旋律が響き渡ります。自分で上手い言っているだけあってなかなかのものです。彼の演奏によって、この草むらの住人たちも元気づき、仕事に精を出すのでした……。

     ネオ・ノベル「真・蟻とキリギリス」 …より抜粋
 
     赤星君…マクロで。
[PR]
by red-ba-bara | 2006-09-12 15:29